資格取得の門戸は広いです|独学で行政書士の合格を目指す|一匹狼にもってこい

独学で行政書士の合格を目指す|一匹狼にもってこい

男の人

資格取得の門戸は広いです

ウーマン

女性にとって働き易い仕事

医療系の資格に関心を持つ人は増えていますが、その中でも言語聴覚士は話す・聞く・食べるの専門家として注目が集まっています。言語聴覚士の就職先は、総合病院やリハビリテーション専門病院など医療機関で働く人が多いです。それ以外でも特別養護老人ホームや老人保健施設などの福祉施設で働く人も少なくありません。高齢化社会が進む中で、言語障害や聴覚障害、嚥下障害を持つ人の割合が増えることから、言語聴覚士の需要は増えてくるので注目の資格です。また言語聴覚士は女性が多い職業ですが出産等で一度職場を離れても、子供に手がかからなくなってから復職するケースも多いです。また託児所を併設している職場も多いので、子育てしながら働くことができる職業として人気です。

社会人経験者でもなれます

将来のために手に職をつけたいと考えている人は少なくありません。特に医療系の資格であれば、働ける場所も広がるので人気が高いです。とくに言語聴覚士は、需要が高く関心を持っている人も少なくありません。一度社会人を経験している人の中でも、改めて勉強し直したいと考えている人も多いです。もちろん働きながら学校で学んで資格を取得することもできます。平日夜間や土日に開講している学校もありますが、「4年制の大学を卒業していること」などの条件がある場合もあるので、予め養成学校に問い合わせてみましょう。因みに、30代でも資格取得を目指し頑張っている人も珍しくありません。また言語聴覚士とは関係ない4年制大学に通っている学生であれば、まずは大学を卒業して、2年制の大学・大学院専攻科或いは養成学校へ入学すると良いでしょう。このように、言語聴覚士になるための門戸は広がっています。